通信講座の特徴と選ぶ基準

資格の大原 宅建主任者講座

独学っ!!宅建クラブ【TOP】 ⇒宅建 専門学校・通信講座 ⇒ 通信講座の特徴と選ぶ基準


通信講座の特徴と選ぶ基準

image14.jpg(49829 byte)

お金を出す事は、時間を買うこと。
お金を出すだけの価値は十分にあります。


勉強を進めるには専門学校・通信講座・独学の3つのスタイルがあります。
宅建試験はどのスタイルで勉強を進めても合格は可能です。
しかし、それぞれに違った特徴がありますので、自分にあったスタイルを選ぶ事が合格への近道です。


ここでは、通信講座の特徴を説明したいと思います。


◎通信講座の特徴って?

通信講座は、プロが厳選した教材を使い勉強するスタイルです。
通学との大きな違いは、自分の都合に合わせて勉強が出来る点にあります。
この自分の都合に合わせてというのは独学でも同じ事が言えますが、プロが作った教材やカリキュラムに沿って勉強する点が独学とは違う点です。


通信講座には2つのスタイルがあり、各社によって内容が異なります。内容は以下のようなものです。


  • DVDを使用した講座。
  • WEB(オンデマンド)を使用した講座。

どちらの講座にしてもプロの講師による講座なので、その点においては専門学校で講師の授業を受けるのと変わりありません。
また、DVDやオンデマンドの場合は意味の分からないところを再生しなおしたり、途中で勉強をストップしても再度途中から始めることができます。
その点においても自分の勉強スピードに合わせて勉強出来るメリットがあります。


また、電話やEメール、FAXなどで質問を聞いてもらえる通信講座もあります。この点は各社によって違いがあるので、どのような形で質問を受けてくれるのか事前に調べておく必要があります。


このように通信講座は自分の都合で勉強が出来るメリットがありますが、その反面自分で勉強をする習慣を持っておかないと、折角の教材がただのゴミになってしまいます。


プロの講義が聴けて、通学よりも金額的に安いので、自分を上手くコントロール出来る人におすすめなのが通信講座です。


◎おすすめの通信講座ベスト3


【第1位】ユーキャン

CMでお馴染みのユーキャンは名実ともに申し分なしです。
テキスト・問題集・DVD・CD・添削サポート・・・これらが付いて、
費用はお値打ちの54,000円!
電話・メール・FAXなどで講師に質問ができサポートもバッチリです。


【第2位】クレアール

楽学シリーズでお馴染みの氷見敏明先生の講義が聞けるのは、このクレアールだけ!氷見先生のイラストを使って解説するDVDは必見です。疑問点については、Eメールや質問用紙で出来るので初学生でも安心です。

⇒資料請求はこちら


【第3位】ゼミネット

通信教育の中でもリーズナブルなのが、このゼミネットです。
短期3ヶ月コースは25,000円!試験直前対策としておすすめです。
コースは3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月とあるので、一から学ぶ事もできます。
もちろん質問もインターネットで出来るのでサポートもしっかりしています。おすすめは標準6ヶ月コースの”30,000円”です。

⇒資料請求はこちら

midashi03.gif(804 byte)
image12.gif(834 byte)

THE レンサバ比較