宅建用語辞典 クーリング・オフ

資格の大原 宅建主任者講座

独学っ!!宅建クラブ【TOP】 ⇒宅建用語辞典 ⇒ クーリング・オフ


宅建用語辞典

【クーリング・オフ】

クーリング・オフとは、宅建業者が自ら売主となり宅地または建物の売買契約について、この業者の事務所や建設省令で定める場所以外でなされた契約を、8日間は無条件で申込の撤回または契約解除ができる制度のこと。


クーリング・オフは必ず書面で行う必要があり、効力は書面を発した時点より生じる。(発信主義)


クーリング・オフにより契約の撤回・解除が行われた際には、業者が受け取った金銭があれば速やかに返還しなければならない。


クーリング・オフが出来る旨を業者から書面で告げられ、その日から8日が経過するとクーリング・オフが出来なくなる。
また引渡しを受け、代金全額を支払った場合は期間内であってもクーリング・オフが出来なくなる。


image12.gif(834 byte)

THE レンサバ比較