宅建用語辞典 遺贈(いぞう)

資格の大原 宅建主任者講座

独学っ!!宅建クラブ【TOP】 ⇒宅建用語辞典 ⇒ 遺贈(いぞう)


宅建用語辞典

【遺贈(いぞう)】

遺贈とは、遺言により財産を無償で他人に与える行為をいう。


遺贈には、財産の全部や何分の一といった財産を特定しない『包括遺贈』と、財産を特定した『特定遺贈』とがある。
包括遺贈と特定遺贈によって税金に違いが出ることがある。


遺贈は遺言者の死亡によって効力を生じる。
従って、遺贈を受けたものは相続開始の時から相続人と同一の権利を有する。
また、遺贈は強制ではないから、自由に遺贈を放棄するはできる。
その場合は3ヶ月以内に家庭裁判所に放棄を申し出なければいけない。

image12.gif(834 byte)

THE レンサバ比較