宅建用語辞典 一団の土地(いちだんのとち)

資格の大原 宅建主任者講座

独学っ!!宅建クラブ【TOP】 ⇒宅建用語辞典 ⇒ 一団の土地(いちだんのとち)


宅建用語辞典

【一団の土地(いちだんのとち)】

一団の土地とは、土地利用で一体の土地を構成し、または一体として利用に供することが可能なひとかたまりの土地をいう。


国土利用計画法では、土地に関する権利の移転等の届け出について、一定未満の土地面積の場合は必要がないが、当事者の一方または双方が「一団の土地」を利用する場合には届けでが必要になる。


例えばAがBの土地を買い、Cの土地を貸借して工場を建設する場合、B・Cそれぞれが届け出未満の土地でも、合わせて届け出面積を超える場合は、一団の土地として届け出が必要になる。

image12.gif(834 byte)

THE レンサバ比較