宅建用語辞典 遺言(いごん)

資格の大原 宅建主任者講座

独学っ!!宅建クラブ【TOP】 ⇒宅建用語辞典 ⇒ 遺言(いごん)


宅建用語辞典

【遺言(いごん)】

遺言とは、自分の死後において財産を誰にどのように相続させるかを書き残したもの。
遺言は満15歳以上になれば、未成年者・被保佐人・被補助人は単独で誰でもできる。
成年被後見人は事理弁識能力が回復していて、2人以上の医師の立会いがあれば遺言できる。


遺言は本人の最終的な意思を表明するものなので、撤回はいつでも出来る。
また、内容の異なる新たな遺言をした場合は、古い方の遺言は撤回したものとなり、新しい遺言に効力がうまれる。
遺言書は故意に破棄した場合も撤回したものとなる。


遺言の効力は本人の死亡時より生じる。
ただし、遺言に停止条件がついている場合は条件が成就した時に効力が生じる。

image12.gif(834 byte)

THE レンサバ比較