おすすめの参考書(テキスト)

資格の大原 宅建主任者講座

おすすめの参考書(テキスト)

image15.jpg(57177 byte)

宅建クラブが自信を持っておすすめする参考書の紹介です。
独学で勉強するなら2〜3冊は持っておく事をおすすめします。


市販で発売されている参考書にはマンガで書かれたものや、会話形式で書かれたもの等さまざまあります。
どの参考書を選んでも、内容は充実しているので十分に合格ラインまでの実力をつける事は出来ますが、中でもおすすめしたい参考書を紹介したいと思います。


◎独学なら参考書は最低2冊!

独学で勉強するなら、最低2冊の参考書を持っておく事をおすすめします。
理由は各出版社によって表現が違うからです。
もちろん、書いてある意味は同じなのですが表現の違いによって自分には理解しにくかったりします。
そんな時、別の本を開けば意味が氷解することが結構あります。


◎宅建クラブ おすすめの参考書


ゴロ合わせや替え歌が使われていて、覚え易くなっています。また、解説も非常に分り易くなっているのでお薦めの参考書です。必ず持っておきたい一冊です。


出版社:週刊住宅新聞社
定 価:¥3,150(税込)
⇒ 2011年版 らくらく宅建塾 【NEW】

独学の為に作成された本で、こちらも内容的には非常に充実してます。 ただ「らくらく宅建塾」よりやや語句に難しいところがある為、法律初心者にとっては難しいと思う箇所もあります。


出版社:住宅新報社
定 価:¥2,940(税込)
⇒ パーフェクト宅建〈平成23年版〉 【NEW】

題名のとおり「スラスラ」読める基本書です。というのは、会話形式で解説されているからです。 「スラスラ」読めて理解しやすい本ですが、スラスラ覚えられたら苦労はないのですが・・・。


出版社:新星出版社
定 価:¥2,625(税込)
⇒ スラスラ覚える宅建合格ゼミ〈平成23年版〉 【NEW】

資格学校のLECが出版している基本書で、よくまとめられている本です。 こちらの本は上記3冊とは違って解説というより、要約本になるのでこの一冊では厳しいと思います。


出版社:東京リーガルマインド
定 価:¥2,100(税込)
⇒ 2010年版 どこでも宅建 とらの巻
midashi03.gif(804 byte)
image12.gif(834 byte)

THE レンサバ比較