宅建勉強法 ノートを有効に活用しよう!

資格の大原 宅建主任者講座

独学っ!!宅建クラブ【TOP】 ⇒宅建合格の勉強法  ⇒ ノートを有効に活用しよう!


ノートを有効に活用しよう!

image13.jpg(41364 byte)

まとめたノートを有効に使いましょう♪


自分でまとめたノートは、自分の言葉で書かれていて、しかも自分に分かる内容が書いてあると思います。
もし、再度見直したときに分かり難いようであれば、言葉を補足するなりして、分り易いように書きなおしておきましょう。


自分が分り易いように書くと言う事は、自分が先生となって自分という生徒に説明するようなものです。
上手く伝えようとすることで、頭はポイントはどこなのかと考えるようになり、結果重要なところが自然と記憶されていきます。
自分が理解できるようにノートをまとめることが重要です。


◎ノートを有効に活用しよう!

では、そのノートの活用法ですが下の図を見てください。

note-01.gif(12403 byte)

書き方は自分のわかり易いようにすればよいのですが、紹介したいのは赤枠で囲ったところです。


ポイントはノートに見る日付を予め書いておく事です。
”見た日”を記入していくのではなく、”見る日”を記入しておくのです。
こうすることによって、強制力が強まり自分でもノートを確認する意識が高まります。


では次に日付の書き方ですが、
@ノートを書いた次の日から毎日見る。(×3回)
 ※4/30にノートを書いたなら、5/1から5/3まで毎日
A3日に一度見る(×3回)
 ※5/3から3日目の5/6、5/9、5/12
B5日に一度見る(×4回)
 ※5/12から5日目の5/17、5/22、5/27、6/1
C10日に一度みる(試験日まで続けるのがベスト)
 ※6/1から10日目の6/11、6/22、7/2・・・・


このように何度もノートを繰り返し見ることで、記憶力が高まります。
白いペンキを何度も塗り重ねることによって、純白の壁が出来上がるように、何度も脳に知識を塗っていく事によって本物の知識が出来上がります。


また記憶力は最初が肝心で、覚えたての時に反復することで頭に強く残ります。
その為、【@の毎日見る×3回】と【Aの3日おきに見る×3回】は非常に重要ですので、是非やってみてください。


このノートを見る作業は5分程のことです。
たしかに、勉強する項目が増えるにつれ一日に見るところが2つ3つと重なってきますが、それでも30分もあれば十分に復習ができます。
仕事の休憩時間や電車の中でもよいと思います。5分の積み重ねさえしておけば、それ程苦労せずに覚えられますよ。

midashi03.gif(804 byte)
image12.gif(834 byte)

THE レンサバ比較